マイナンバー通知カードは、令和2年5月25日に廃止されました。廃止後、通知カードの取り扱いが変わりますのでご注意ください。なお、廃止後もマイナンバーに変更はありません。

 

マイナンバー通知カードとは

通知カード」とは、住民の方々にマイナンバーを通知するための紙製のカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー等が記載されたものです。平成27年10月以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されています。

 

廃止後の取り扱い

廃止後は、マイナンバー通知カードに関する以下の手続きができなくなります。

 

1 氏名・住所などの記載事項の変更手続き

令和2年5月25日以降は、氏名・住所などの記載事項の変更手続きはできません。

ただし、現在お持ちのマイナンバー通知カードは、住民票に記載されている氏名・住所などの記載事項と全て一致している場合のみ、ご自身のマイナンバーを証明する書類として使用することができます。

 

2 再交付の手続き

令和2年5月25日以降は、マイナンバー通知カードの再交付の手続きはできません。

 

令和2年5月25日以降のマイナンバーの通知方法

令和2年5月25日以降に出生や外国からの転入等でマイナンバーが新たに附番された方には、マイナンバー通知カードに代えて個人番号通知書により通知(簡易書留)されます。

なお、この個人番号通知書は、マイナンバーを証明する書類として使用はできません。

 

個人番号通知書及び同封物について

個人番号通知書の1.送付用封筒には、次のものが同封(2から7)されています。

  1. 送付用封筒
  2. 送付先台紙
  3. 個人番号通知書
  4. 交付申請書
  5. パンフレット「マイナンバー(個人番号)のお知らせ」
  6. パンフレット「健康保険証としての利用案内」
  7. 申請用封筒

 

令和2年5月25日以降マイナンバーを証明する書類

  • マイナンバーカード(申請から取得までに1か月半から2か月かかります。)
  • マイナンバー入りの住民票の写し又は住民票の記載事項証明書(交付請求については「各種証明書の交付」をご覧ください。)
  • マイナンバー通知カード(記載内容が住民票と同一の場合に限ります。)

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を希望される方は、「マイナンバーカード」のページをご覧ください。

 

マイナンバーカードの交付申請

改姓や転居等により通知カードの記載事項に変更がある場合であっても、この通知カードに同封されたマイナンバーカード交付申請書により、オンライン申請及び郵送申請が引き続き可能です。

オンライン申請は、スマートフォン、パソコンのほか、マイナンバーサービスセンターで行うことができます。

 

マイナンバーカード交付申請書(通知カードに同封)を紛失された場合

マイナンバーサービスセンターまたは市民課の窓口で再交付を受けた交付申請書を使用してオンライン申請する方法を推奨していますが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のための窓口混雑をなるべく抑制するという観点から、電話等による請求についても交付申請書の交付(郵送)を行いますので、お申し出ください。

マイナンバーサービスセンターでは、交付申請書の再交付と同時にオンライン申請受付(写真撮影無料)を行っていますので、ご予約(マイナンバーサービスセンターに電話予約)の上、ご利用ください。