日本脳炎の予防接種は、予防接種後に重い病気になった事例をきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、積極的な接種勧奨を行っていませんでした。

その後、新たなワクチンが開発され、現在は順次、日本脳炎の予防接種を受けられる対象は広がっています。平成19年4月1日以前に生まれた方は、平成17年度から平成21年度までに日本脳炎予防接種を受ける機会を逃していることがありますので、母子健康手帳等をご確認いただき、下記の通り接種を受けてください。

対象者(特例対象者)

平成19年4月1日以前に生まれた方(20歳未満までの間)

 

接種回数

  • 1期接種を1度も受けていない方は、1期初回接種は6日以上の間隔をおいて2回。1期追加接種は、その後6か月以上の間隔をおいて1回。
  • 1期初回接種・1期追加接種が不十分な場合は、6日以上の間隔をおいて、残りの回数の接種を受ける。
  • 2期接種は、1期接種をおえて9歳以上で接種を受ける。

 

持参するもの

  • 母子健康手帳
  • 住所確認のできるもの(京都子育て支援医療受給者証・健康保険証など)
  • 予診票(生後2カ月の乳児訪問時に配布していますが、ない方は医療機関にあります。)

 

費用

無料

 

接種方法

市内指定医療機関での個別接種(希望の医療機関に予約) 

 

接種場所

市内指定医療機関.pdf [ 121 KB pdfファイル]