平和パネル展

 木津川市では、毎年「平和パネル展」を開催して、今一度、戦争の悲惨さ、愚かさなど、戦争の残した教訓を次世代に引き継ぐとともに、平和の大切さを多くの人に感じてもらいたいと願っています。

平和パネル展の風景

 

平成29年度の開催概要

開催期間

平成29年8月4日(金曜日)~10日(木曜日)の5日間

 

開催場所

市役所1階住民活動スペース

 

開催内容
(1)パネル展示26枚

市民の皆様から提供いただいた戦争当時の市内の写真を展示しました。

(2)DVD上映

『戦後70周年記念事業みて・きいて・つたえたい・へいわ地域の戦後70年アーカイブス』

『子供たちの昭和史 第二部 戦火の中の子どもたち』

『ちいちゃんのかげおくり』

 

来場者数

4日(金曜日)78人

7日(月曜日)58人

8日(火曜日)65人

9日(水曜日)62人

10日(木曜日)72人 

合計 335人

 

アンケート

 回答数45人

 

■この「平和パネル展」を何で知りましたか?(複数回答可)

広報 8人

市ホームページ 3人

新聞 13人

偶然 18人

その他 4人(家族から聞いた)

 
 ■このような平和展を見るのは?

はじめて 8人

2~5回 21人

6回以上 17人

 
 ■今後もこのような取り組みは続けるべきと思われますか?

思う 45人

思わない 0人

(続けるべきと思う理由)

・戦争の怖さ、平和の大切さを若い世代に引き継いで行くため。

・戦争の事実を風化させないため。

・戦争について、考え直すためなど。

 

■今後どのような取り組みがあればよいと思いますか?(複数回答可)

このようなパネル展 32人

戦争時の遺品展示 28人

語りべによる講演会 27人

その他 5人

(その他の内容)

・木津川市と戦争の結びつくものの展示。

・もっとリアルなものの展示、上映。

・「ひろしま」「この世界の片隅に」など戦争の物語の上映など。