令和2年10月1日に、全国一斉に国勢調査が実施されます。国勢調査を成功させるためには、国勢調査員の存在が欠かせません。あなたも、国勢調査員をしてみませんか。

国勢調査について

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに実施されます。今回の調査は第1回調査(大正9年)から数えて21回目となります。

調査員の仕事の時期と内容について

8月下旬から10月下旬(予定)にかけて、次のことを行っていただきます。

  1. 市が行う調査員説明会へ参加
  2. 調査担当地域の確認
  3. 調査担当世帯を訪問し、調査について説明し、調査書類を配布
  4. 調査票の回収
  5. 調査票の整理と市への提出

調査員の適格要件について

調査員となるには、次の要件を満たすことが必要です。

  1. 責任をもって調査事務を遂行できる者であって、原則として20歳以上の者であること。
  2. 秘密の保護に関し、信頼のおける者であること。
  3. 警察に直接関係のない者であること。
  4. 選挙に直接関係のない者であること。
  5. 暴力団員その他の反社会的勢力に該当しない者であること。

調査員の報酬について

国が定める基準に基づいてお支払いします。

(参考)平成27年国勢調査
    2調査区(約100世帯) 70,000円程度
    ※調査世帯数で異なります。

調査員になる手続きについて

総務課で随時受け付けます。(要印かん)
※すでに統計調査員として登録されている方は、あらためて手続をしていただく必要はありません。