ご家庭から出される燃やすごみの組成調査を行ったところ、厨芥類(生ごみ等)が約45%、紙類が約34%、プラスチック類と繊維類がそれぞれ約7%を占めていました。

 ごみ組成調査結果表

燃やすごみの中には、約68%の資源化可能物が含まれています。

特に、燃やすごみ全体の約80%を占める厨芥類と紙類の中には、「手付かず食品」(厨芥類の約12%)や「再資源化可能な紙類」(紙類の約37%)が含まれています。
ここでは、ご家庭で簡単に取り組んでいただける燃やすごみを減らす方法をご紹介します。

手付かず食品表資源化可能な紙表

 

雑がみを古紙類集団回収に出して「燃やすごみを減らそう」

燃やすごみの中には、紙類が多く含まれています。特に、ティッシュやお菓子箱、包装紙、ダイレクトメールやはがきなどの「雑がみ」が多く含まれています。雑がみも古紙類(新聞・雑誌・ダンボール・古布・紙パック)と同じくリサイクルできる資源です。もう一度ご家庭のごみ箱をのぞいて見てください、雑がみが燃やすごみとして捨てられていませんか。
雑がみは、お住まいの自治会(町内会)や子ども会、老人会、PTAなどで取り組んでいただいています「古紙類集団回収」の日にお出しください。

古紙類集団回収、雑がみについてなど地域の古紙回収促進のために出前講座もいたします。ご希望の団体様は、ぜひまち美化推進課までお問い合わせください。

古紙類集団回収事業補助制度について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

生ごみをリサイクルして「燃やすごみを減らそう」

家庭から出される燃やすごみの約半分が生ごみとなっています。しかし、生ごみは古紙類と同じで、資源化・リサイクルすることができます。

「堆肥をつくりたい」
「週2回の燃やすごみの袋が重い」
「ごみを減らしたい」

このような方は、生ごみ処理容器で、堆肥づくりや生ごみの削減をしてみませんか。
市では生ごみ処理容器の実証実験を行っています。また、ダンボールコンポストなど、手軽に取り組め、生ごみを分解し堆肥を生成しないタイプの生ごみ処理容器の講習会なども行う予定です。

 

  • 生ごみ処理容器実証実験の様子は、こちらをご覧ください。
  • エコ生活応援補助制度について詳しくは、こちらをご覧ください。      

  ダンボールコンポスト    木製コンポスト

    (ダンボールコンポスト)         (木製コンポスト) 

 

生ごみの水切りをして「燃やすごみを減らそう」

燃やすごみの中には、水分が約50%含まれています。水切りをするとごみの減量化、腐敗や悪臭・コバエ発生の防止につながります。ちょっとした工夫やひと手間をかけていただくことで水分を減らすことができます。生ごみを出すときは「ぎゅっとひとしぼり」「乾かしてから出す」などをしていただきお出しください。