選挙権があるのは、日本国民で年齢満18歳以上の方ですが、市内に引き続き3か月以上住んでいないと、その地方公共団体の議会の議員および長の選挙権はありません。なお、選挙権があっても選挙人名簿に登録されていないと、選挙のとき投票することができません。
また、被選挙権は日本国民であり、次の要件を満たしていることが必要です。

衆議院議員と市区町村長

年齢満25歳以上

参議院議員と都道府県知事

年齢満30歳以上

都道府県と市区町村の議会の議員

年齢満25歳以上であり、かつ当該選挙権があること