7月31日に同和地区に対する予断と偏見により、部落差別を助長するメールが木津川市役所に送信されました。

木津川市においては、人権問題の解決に向け、啓発等の取組みを進めていますが、残念ながら現在においても差別や偏見による事象が絶えない現状があります。

木津川市としては、「差別は絶対に許さない」という信念のもと、今後とも一層の取組みを進め、市民の皆様と共に部落問題をはじめ、あらゆる人権問題の解決に向け取り組みます。

木津川市長                      

木津川市教育委員会 教育長