木津川市は、近畿のほぼ中央に位置し、京都・大阪の中心部から約30キロメートル圏内にあり、京都府内では京都市に次ぐ数の国指定有形文化財を有するなど、ロマンあふれる文化財や豊かな自然・里山など、先人から受け継がれてきた資源がある一方で、近年では国家プロジェクトである「関西文化学術研究都市」の一翼を担う都市としての建設が進められています。
現在、市の将来像である「水・緑・歴史が薫る文化創造都市~ひとが輝きともに創る豊かな未来~」を目指し、住民の幸せを追求するまちづくりを進めています。
木津川市の概要

誕生日

2007年(平成19年)3月12日生 ※旧木津町・加茂町・山城町の3つの町が合併しました。

住所

京都府木津川市木津南垣外110-9
※京都府の最南端(関西文化学術研究都市)
 (東経135度49分・北緯34度44分【市役所所在地】)

面積

85.13平方キロメートル

交通インフラ

鉄道:JR線(3線)と近鉄線(1線)が走る鉄道の要衝地
道路:京奈和自動車道(地域高規格道路)、国道24号・163号(広域幹線道路)が南北と東西に縦断する道路の要衝地

木津川市へのアクセス