本文へ移動

木津川市

市長の部屋

市長写真ようこそ市長の部屋へ。木津川市長の河井規子です。

新年あけましておめでとうございます。
木津川市のホームページをご覧いただきありがとうございます。

さて、東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会から聖火リレーのコースが発表され、木津川市では『国際高等研究所』をスタートし『木津川台中央公園』までと決定いただきました。

数十年に一度の機会ですので、聖火リレーの安全対策に万全を期すとともに、地域が盛り上がるよう取り組んでまいりたいと考えています。

また、東京2020オリンピック・パラリンピックや2025年大阪・関西万博など、外国人旅行者の増加、また企業での外国人材の受け入れが、活発化することが予想されますことから、「木津川市多言語対応のまちづくりの推進に向けたガイドライン」を策定いたしました。

ガイドラインでは、多言語対応の基本言語を英語、中国語、韓国語、ベトナム語とし、生命・財産に関わるもの、緊急性が高いものを優先的に実施することとしています。

具体的には、今月から配信を開始いたしました「木津川市ごみ分別アプリ」や防災情報メール、ハザードマップ、市広報紙など、順次、多言語対応を進めてまして、「外国人にやさしいまち・楽しいまち」を目指してまいります。

 

また、12月13日から公開されております周防正行監督の最新作の映画「カツベン!」の京都ロケに本市職員がエキストラとして協力したことからエンドロールに「木津川市観光商工課」とクレジット掲載していただいております。

今後も様々な機会を通じまして、木津川市を発信してまいりたいと考えております。

木津川市では、木津川市インターネット放送局、木津川市公式Facebook“ええやん!きづがわ”などで、多様な情報発信を行っておりますので、市の魅力に触れていただき、ぜひ木津川市を訪問いただければ幸いです。