後期高齢者医療制度の被保険者の方で、一定の障害がある方について、医療機関などにかかられた場合の医療費の自己負担分を助成する制度です。

対象

一定の障害がある後期高齢者医療制度の被保険者の方で所得基準額未満の方

 (下記参照)

対象となる障害

  • 身体障害者手帳:1級、2級、3級
  • 療育手帳:A、B

所得基準額表

扶養親族等の数

本人所得

配偶者・扶養義務者所得

0人

3,604,000円未満

6,287,000円未満

1人

3,984,000円未満

6,536,000円未満

2人

4,364,000円未満

6,749,000円未満

3人

4,744,000円未満

6,962,000円未満

4人

5,124,000円未満

7,175,000円未満

5人

5,504,000円未満

7,388,000円未満

申請に必要なもの

  1. 受給者証交付申請書(担当窓口にあります。)
  2. 健康保険証(対象者の氏名が記載されたもの)
  3. 認印
  4. 本人および世帯員の所得及び所得控除の内訳が記載された証明書
    (1月~7月に申請される場合は前々年度分の所得、8月~12月に申請される場合は前年度分の所得に関する証明) 注:省略できる場合があります。
  5. 身体障害者手帳または療育手帳 

その他

医療費の給付について

受給者証の交付を受けた方は、京都府内の医療機関などで診療を受けた場合、受給者証を提示することで医療機関などの窓口にて助成を受けられます。京都府外の医療機関などで診療を受けた場合は、いったん医療機関などの窓口で通常の自己負担金を支払った後、領収書を添付のうえ支給申請書を担当窓口に提出いただくことにより、助成金の給付が受けられます。(1か月ごとに申請してください。)

助成手続きに必要なもの

  • 受給者証
  • 認印(スタンプ印は不可)
  • 振込先がわかるもの
  • 領収書(原本)