ご自宅や事務所等などの新築や増改築に伴い、公共下水道への接続工事をされる際には、市への事前の申請が義務付けられています。

市への申請がなく、公共下水道への接続工事をされた場合は、以下のような大きな支障が生じることとなりますので、必ず市の指定業者を通じて申請の上、工事をお願いします。

・ 排水設備の構造等を記載した書類の審査や工事検査に合格しないままに接続されるため、構造などに問題があれば排水の流れが悪く、管のつまり等の不具合の原因となり、追加の改修費用などの使用者の負担が生じます。
・ 市に接続された旨の情報がないため、使用者から本来いただくべき使用料を徴収できず、下水道の維持管理や改修などの事業の運営に支障が生じます。

市の指定以外の業者による施工や、無届による接続工事は条例違反となります。また、過去にさかのぼって使用料を徴収させていただくこととなりますので、ご不明な点がございましたら下水道課までご相談ください。