令和3年秋の全国交通安全運動が令和3年9月21日火曜日から9月30日木曜日まで実施されます。

また、9月30日木曜日は交通事故死ゼロを目指す日です。

交通事故のない社会を実現するため、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけましょう。

令和3年秋の全国交通安全運動チラシ.pdf [ 914 KB pdfファイル]

運動スローガン

「上がる手を 守るやさしさ 京のみち」

実施期間

令和3年9月21日火曜日から9月30日木曜日まで

運動重点

子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
歩行者は、横断歩道を渡ること、横断禁止場所では渡らないこと、信号に従うこと等の基本的な交通ルールの遵守に加え、自らの安全を守るため、運転者に対して横断する意思を明確に伝え、安全を確認してから横断を始めること、横断中も周りに気を付けること等を心がけましょう。
家庭では、幼児・児童が安全に道路を通行することができるよう、日常生活における交通安全啓発・教育を推進しましょう。
夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
歩行者は、夕暮れ時や夜間に外出するときは、運転者から見えやすいように、明るい目立つ色の衣服を着用したり、反射材用品をつけるよう心掛けましょう。
運転者は、早めのライト点灯を心掛けましょう。
運転者は、横断歩道等で歩行者等がいないことが明らかな場合を除き直前で停止可能な速度で進行する義務と横断歩道等における歩行者等の優先義務等を遵守しましょう。
自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底
「自転車安全利用五則」を活用した自転車の通行ルール、信号の遵守や交差点での一時停止、安全確認のほか、二人乗り、並走、飲酒運転の禁止等基本的な交通ルールを遵守しましょう。
自転車損害保険等への加入が義務付けられています。自転車事故に備え必ず加入するとともに、定期点検整備を受けましょう。
未就学児を同乗させるときには、必ずヘルメットを着用させましょう。また、年齢を問わずヘルメットの着用に努めましょう。
飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
「飲酒運転等の悪質性・危険性」「社会的責任の重大性」そして「命の尊さ」などを話題に取り上げ、「飲酒運転等を絶対にしない、させない」という規範意識の確立に努めましょう。
飲食店等における運転者への酒類提出禁止の徹底や「ハンドルキーパー運動」の普及啓発に努めましょう。
運転者の点呼時におけるアルコール検知器の使用を促進しましょう。また、業務に使用する自動車の使用者等の義務を遵守しましょう。