65歳以上70歳未満で基準を満たしている方について、医療機関などにかかられた場合の医療費の一部を助成する制度です。

対象

 65歳以上70歳未満の方で、対象者本人と主たる生計維持者に所得税が課税されていない方

(後期高齢者医療制度・他の福祉医療制度・生活保護を受けている方は除きます。)

 

申請に必要なもの

  1. 受給者証交付申請書(担当窓口にあります)
  2. 健康保険証(対象者の氏名が記載されたもの)
  3. 本人および世帯員の所得および所得控除の内訳が記載された証明書(1月~7月に申請される場合は前々年分の所得、8月~12月に申請される場合は前年分の所得に関する証明。)ただし、省略できる場合があります 。

その他

医療費の給付について

受給者証の交付を受けた方は、京都府内の医療機関などで診療を受けた場合、受給者証を提示することで医療機関などの窓口にて助成を受けられます。
京都府外の医療機関などで診療を受けた場合は、いったん医療機関などの窓口で通常の自己負担金を支払った後、領収書を添付のうえ支給申請書を担当窓口に提出いただくことで、自己負担金の一部の助成が受けられます。
※受診月、医療機関、区分別(入院・入院外・歯科・調剤・その他)ごとに申請書を作成し、領収書を添付してください。