みなさまからいただきました寄附金を、次のとおり活用させていただきました。

今後とも、木津川市への温かい応援をよろしくお願いいたします。

平成30年度の活用実績

みもろつく鹿背山里山学校

近くに里山があるのに、里山で遊びをすることがなくなったこの時代、子どもたちに身近な地域の里山に興味を持ってもらい、再生・保全のきっかけとなり、里山再生の輪が広がって欲しいという願いから里山学校を開校しました。
平成30年度は田植えや稲刈り、サツマイモの植え付け・収穫などの農業体験や、ハイキングや燻竹体験といった作業を通して里山活動を体験していただきました。みもろつく鹿背山里山学校田植えの様子

活用金額:「生物多様性保全事業」より20万円

 

 

小学校社会科副読本「わたしたちの木津川市」の改訂・作成

子どもたちが木津川市への理解を深めるとともに、興味・関心を持ってもらい「ふるさと」への愛着心を醸成するため社会科副読本「わたしたちの木津川市」を改訂し、内容の充実に努めました。社会科副読本表紙

活用金額:「こども夢・未来事業」より130万円

 

 

 

 

木津川市特色のある学校づくり推進事業

市立小中学校における特色ある教育活動への積極的な取組みに対する事業を推進することにより、学校の教育活動の一層の充実を図りました。

活用金額:「こども夢・未来事業」より50万円

くにのみや学習館トイレ設置事業

老朽化していた恭仁宮大極殿跡東側の仮設トイレを撤去し、新たに「くにのみや学習館」敷地内に屋外トイレを設置しました。くにのみや学習館トイレ

活用金額:「市長にお任せ」より200万円

 

 

文化財保全費補助金

国指定文化財の保全修理事業補助金として、国宝浄瑠璃寺九体阿弥陀如来像の修理、重文御霊神社本殿の美装化事業、史跡及び特別名勝浄瑠璃寺庭園整備事業に補助金を交付しました。文化税保全費補助金報告

活用金額:「市長にお任せ」より200万円

 

 

 

 

 

平成29年度の活用実績

観光地の整備

観光客の利便性向上を図るため、毀損した上人ヶ平遺跡公園解説板の更新と、仮設であった椿井大塚山古墳の見学ルート案内看板の本設置(5か所)を行いました。

右写真は、上人ヶ平遺跡公園解説板です。

活用金額:「市長にお任せ」より130万円

木津川市特色のある学校づくり推進事業

市立小中学校における特色ある教育活動への積極的な取組みに対する事業を推進することにより、学校の教育活動の一層の充実を図りました。市内10小中学校が推進指定校となりました。

 

右写真は、指定校である相楽台小学校における外国語活動の授業風景です。

活用金額:「こども夢・未来事業」より50万円

 

平成28年度の活用実績

救急車の購入

安心・安全なまちづくりを推進するため、相楽中部消防組合の救急車の購入に対し、負担金を支出しました。

活用金額:「市長にお任せ」より200万円

 

木津川アート2016作品の購入

木津川アート2016にて展示した作品「風の道(長谷川 政弘 作)」を買い取り、山城総合文化センター(アスピアやましろ)に設置しました。右写真は、同作品の木津川アート2016展示風景です。

活用金額:「市長にお任せ」より40万円

 

平成26年度及び平成27年度の活用実績

観光地の整備

市内観光地である大仏鉄道遺構をめぐる観光客のために、案内看板を設置しました。大仏鉄道は、今から約120年前

に存在していた、加茂と奈良とをむすぶ9.9kmの路線で、わずか9年で廃線となったことなどから、「幻の大仏鉄道」と呼ばれています。

活用金額:「市長にお任せ」より160万円(平成26年度・27年度各80万円)