新型コロナウイルスにつきましては、感染の流行を早期に収束させるために極めて重要な時期であり、各地域において感染拡大の防止に努める観点から、現在、市内の小学校、中学校等が臨時休業となっています。
臨時休業とした学校の児童に対しましては、自宅で過ごすよう指導をお願いするものであり、障がい児通所支援の利用につきましても、積極的な利用は好ましくないものと考えておりますが、どうしても仕事に行かなくてはならない場合も考えられることから、就労を保障する観点から障がいにより児童が一人で自宅で過ごすことが困難である場合、事由解消までの間に限り、障がい児通所支援を利用して差し支えありません。
市としての考え方や利用方法等について以下にまとめていますので、ご参照下さい。