≫木津川市ホームページへ ≫木津川市観光協会ホームページへ

 

● 故きを温ねて

~文化財の宝庫 木津川市~

 

  

● 新しきを知る
~先端の科学技術など

 

  

● その他観光情報

 

HOME > 遺跡・歴史名所 > 椿井大塚山古墳

椿井大塚山古墳

 

山城町の中央部にたたずむ椿井大塚山古墳は、古墳時代前期(三世紀後半)のなかでも最古に位置づけられる代表的な前方後円墳です。昭和28年、古墳の後円部を南北に走る国鉄奈良線(現在のJR奈良線)の法面拡幅工事が行われた際に、偶然にも竪穴式石室が発見されました。その後の発掘調査で、石室内からは、邪馬台国の女王卑弥呼の鏡とも呼ばれる「三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)」三十数面を含む四十面近い銅鏡や多くの副葬品が出土し、全国的に大きな注目を集めました。
この発見から半世紀、平成12年には、日本の歴史上の重要な文化財として、「国史跡」に指定されました。

 

所在地
木津川市山城町椿井三階・大平

 
大きな地図で見る

 

 

 

〒619-0286 京都府木津川市木津南垣外110-9 
TEL: 0774-72-0501(代) FAX: 0774-72-3900 E-mail: webmaster@city.kizugawa.lg.jp

 

copyright (c) 2007 Kizugawa City. All rights reserved.