子宮頸がん予防ワクチンの定期接種については、積極的にはお勧めしていません

平成25年6月14日、厚生労働省は、子宮頸がん予防ワクチンについて、接種後に持続的な痛みを訴える副反応が報告されていることから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないと勧告を行いました。これに伴い、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

予防接種を受ける場合

子宮頸がんワクチンの定期予防接種を中止するものではないので、希望すれば接種を受けられますが、接種にあたっては、次のリーフレット「子宮頸がん予防接種を受ける皆さまへ」等を参考に、その有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で、受けるようにしてください。

「子宮頸がん予防接種を受ける皆さまへ」リーフレット [1379KB pdfファイル]