うつ病とは

気分がひどく落ち込んだり、何事にも興味を持てなくなったりする病気です。生活上の様々な出来事や環境の変化、生活体験等のストレスを積み重ねることで起こるため、誰でもうつ病になる可能性があります。
周囲から見ると「怠けている」「甘えている」と思われがちですが、病気であることを理解し、症状を早期に発見して治療に結びつけることが必要です。

うつ病の現状

厚生労働省の調査では、うつ等の気分障害の総患者数は平成8年の43.3万人から、平成20年には104.1万人と9年間で2.4倍に増加しています。また、これまでにうつ病を経験した人は約15人に1人、過去1年間にうつ病を経験した人は約50人に1人という結果が出ています。

うつ病を疑うサイン

自分が気づく変化

  • 憂鬱で沈んだ気分
  • 何事にも興味がわかない
  • 疲れやすく、だるい
  • おっくう、何もする気がしない
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 人に会いたくなくない
  • 夕方より朝の方が気分、体調が悪い
  • 心配事が頭から離れない
  • 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
  • 自分を責め、自分は価値が無いと感じる

 等

周囲が気づく変化

  • 以前と比べて表情が暗く、元気がない 
  • 体調不良の訴えが多くなる
  • 仕事や家事の能率が下がり、ミスが増える
  • 周囲との交流を避ける
  • 遅刻、早退、欠席が増える
  • 趣味やスポーツ、外出をしなくなる
  • 飲酒量が増える

 等

参考サイト

※下記サイトで、うつ病のセルフチェックができます。

 京都府ホームページ 心の健康チェック

※国のうつ対策については、下記サイトをご参照ください。

 厚生労働省ホームページ こころの健康対策 ~うつ病~

問合せ

※気になる症状があればご相談ください。

  • 木津川市健康推進課
    電話0774-75-1219
  • 京都府山城南保健所
    電話0774-72-4300
  • 京都府精神保健福祉総合センター
    電話075-641-1810
  • こころの相談窓口
    電話075-645-5155