国民健康保険では医療給付のほかに、次のような保険支給などを受けることができます。

詳しくは、クリックいただきそれぞれのページをご覧ください。

 

人間ドック・脳ドック利用補助制度

市では、病気の早期発見や健康管理に役立てていただくことを目的として、国保の被保険者の方を対象に、「人間ドック」や「脳ドック」健診費用の一部を補助しています。

受診の条件

次の1~3のいずれもにも該当すること

  1. 国民健康保険の被保険者で申込日前6か月以内に入院または妊娠していない満30歳以上の方
  2. 国民健康保険税を滞納していない世帯の方
  3. 当該年度に特定健康診査、総合がん検診を受けていない方

申込み方法

申し込みには期間があります。
詳しくは人間ドック等の受診申込(健康診断補助)のページをご覧ください。

注意事項

すでに医療機関にかかっている方、服薬されている方、または心臓ペースメーカー等を装着されている方などは、人間ドック・脳ドックを受診できないことがありますので、かかりつけ医にご相談ください。

 

第三者行為(交通事故等)

交通事故や暴力行為など、第三者(加害者)の行為によってけがをし、治療の際に国民健康保険を使用する場合は保険者へ届出が必要です。

医療費は加害者(相手)が負担

交通事故などにより病院にかかった場合の治療費は、本来加害者(第三者)が負担すべきものですが、国保を使って治療を受けることができます。
このような場合の治療費は国保が一時立替えをし、後日、加害者にその立替え分を請求することになります。

※注意:その場で示談した場合は、国民健康保険は使用できません。

届出が必要

加害者への請求を行うためには、被害者側からの届出が必要になります。
国保を使うときは、必ず木津川市国保年金課へ届け出てください。

申請に必要なもの

 ・国民健康保険

 ・印鑑

 ・交通事故証明書(以下記載の様式)

 ・個人番号(マイナンバー)カードまたは個人番号通知カード

 ・本人確認書類

(様式)

 第三者の行為による被害届 [108KB pdfファイル] 

 事故発生状況報告書.pdf [119KB pdfファイル]

 同意書(被害者用).pdf [198KB pdfファイル]  

 誓約書(相手方用).pdf [136KB pdfファイル] 

第三者行為の状況によって、その他提出していただく書類等があります。

詳しくは国保年金課へお問合せください。