平成27年4月から自己負担割合が変わります。

京都府の制度改正により、平成27年4月1日から老人医療費受給者の負担割合が、これまでの1割から2割に変更となります。なお、従来から3割負担だった方については変更ありません。

  • 3月末までの受給者証をお持ちの方へは、3月末までに新しい受給者証(2割)を送付します。4月からは新しい受給者証で受診してください。
  • 昭和19年4月2日から昭和20年3月1日までに生まれた方については、臨時特例の期間が終了したため4月1日からは老人医療の対象となりません。

老人医療制度についてはこちら