人工透析が必要な慢性腎不全・血友病・HIV感染症で、高額な治療を長期間継続して行う必要がある方は、国民健康保険被保険証と一緒に「特定疾病療養受療証」を病院等の窓口に提示すれば、自己負担限度額が毎月10,000円(ただし、慢性腎不全で人工透析を必要とする70歳未満の上位所得者は20,000円)までとなります。(食事療養および生活療養に要する費用は除きます)

申請に必要なもの

  1. 国民健康保険被保険者証
  2. 国民健康保険高齢受給者証(70歳以上でお持ちの方) 
  3. 印鑑
  4. 疾病に関する意見書