1. わが身の安全
    何よりも大切なのは命。地震が起きたら、まず第一に身の安全を確保しましょう。
    まずひくく、あたまをまもり、うごかない
    「 効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議」より引用
     
  2. すばやく火の始末
    「火を消せ」とみんなで声をかけ合い、あわてず、さわがず冷静に調理器具や暖房器具などの火を確実に消しましょう。
     
  3. 非常脱出口の確認
    非常時に備え、出口の確認をしましょう。とくに鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、閉めたままだと建物がゆがみ、出入口が開かなくなることもあります。
     
  4. 火が出たらすぐ消火
    「火事だ」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め、天井に燃え移る前ならあわてずに初期消火に努めましょう。
     
  5. 外へ逃げるときはあわてずに
    外に逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた行動をとりましょう。
     
  6. 狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近寄らない
    ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいので注意しましょう。
     
  7. 山崩れ、がけ崩れに注意
    山間部で地震を感じたら、早めに避難しましょう。
     
  8. 避難は徒歩で、荷物は最小限
    指定された避難場所には、徒歩で避難をしましょう。車やオートバイでの移動は渋滞を起こし、緊急車両の通行のさまたげになります。
     
  9. みんなが協力し合って応急救護
    お年寄りや身体の不自由な人、ケガ人などに声をかけ、みんなで助け合いましょう
     
  10. 正しい情報をつかむ
    うわさやデマに振り回されないでください。正確な情報はラジオやテレビ、広報車で伝えられます。