納税を猶予する「特例制度」

  • 新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間納付を猶予することができるようになりました。
  • 担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。

※猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業等の状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

対象となる方

以下2点のいずれも満たす方が対象となります。

  1. 新型コロナの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納税を行うことが困難であること。

対象となる市税

  • 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する市税

申請手続

申請の期限

関係法令の施行から2か月後(令和2年6月30日)、又は、納期限のいずれか遅い日まで

提出する書類
  • 特例猶予申請書 (記入例:特例猶予申請書見本
  • 財産収支状況書(猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合)
  • 財産目録(猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合)
  • 収支の明細書(猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合)
  • 収入の減少等の事実を証する書類(売上帳、給与明細、預金通帳等(写し可))
  • 一時に納税することが困難であることを証する書類(預金通帳、現金出納帳等(写し可))

※申請には申請書のほか、収入や現預金の状況が分かる資料の提出が必要となりますが、提出が難しい場合には口頭によりおうかがいしますので、提出できる書類のみを一旦ご提出ください。

※最近(2か月程度)の国税や社会保険料の納税の猶予申請書及び猶予許可通知書の写しが提出されれば、記載の省略や審査の簡略化が可能です。

※詳細は税務課収納係(0774-75-1203)までお問合せください。

提出先

木津川市役所 税務課収納係

※郵送でのご提出も可能です。

送付先:〒619-0216 木津川市木津南垣外110-9

その他

  • 口座振替ご利用の方で猶予を希望の方については、口座振替廃止のお手続きが必要となります。
  • 申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
  • 申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。