避難勧告等の伝達時における警戒レベルの使用について

中央防災会議で平成30年7月豪雨による水害・土砂災害からの避難について検討され、「避難勧告等に関するガイドライン」の改定が行われ、住民の皆様に避難勧告等の危険度情報を「避難してもらえる表現」として、警戒レベルで表現することとなりました。

  気象庁ホームページ