現在京都府では、令和元年5月31日(金曜日)まで府民協働型インフラ保全事業の募集(1次募集分)を行っております。
対象は京都府管理施設に限定されますが、提案箇所の地域にお住まいの方、もしくは勤務先や通学先(PTA等学校関係の方)、通院先等がある方がご応募いただけますので、普段の生活の中でお気づきの対象となる案件がありましたら、ぜひご応募いただきますようお願いいたします。
対象案件、応募方法、応募書類等につきましては、京都府ホームページにてご確認いただけます。

府民協働型インフラ保全事業とは

京都府が管理する道路や河川、建物等のインフラにおいて、府民の皆さまが日頃から感じておられる身近な改善箇所を公募し、地域や市町村からの要望とともに、事業箇所を決定する府民協働型の公共事業です。

応募案件例

  1. 安心・安全整備
    ・府管理道路の歩道の段差を解消して欲しい。
    ・府管理河川の土砂が川の流れを阻害しており、危険なので浚渫をして欲しい。
    ・府管理河川の樹木が川の流れを阻害しており危険なので、樹木を伐採して欲しい
  2. インフラ長寿命化対策
    ・府管理道路の舗装がひび割れしているため、修繕して欲しい。
    ・府管理河川の構造物が一部壊れているため、修繕して欲しい。
    ・府管理部分ののり面が崩れているため、復旧して欲しい。