スマートフォンのアプリで災害時の避難誘導をサポートします

地震、風水害その他の災害が発生し、または発生するおそれがある場合において、避難場所など必要な防災情報について、多様な情報提供を行うためのツールとして、一般社団法人全国防災共助協会が提供するスマートフォン向け防災ARアプリ「みたチョ」を活用し、避難所への誘導や、避難情報などの防災情報を提供しています。
防災ARアプリ「みたチョ」は、GPSを利用した誘導機能のため、災害時に通信環境が途絶した状態でも使用可能で、お出かけ先などで災害にあった場合でも、最寄りの避難所を表示してくれます。
※防災アプリ「みたチョ」の主な機能

  1. AR技術を用いた避難場所への誘導、及び平時から周辺避難場所の確認
  2. 気象庁の災害情報の確認
    ※AR(Augmented Reality:拡張現実)とは人間の目から見えるもの(現実世界)に対し、コンピューターで情報を付加すること。
    本アプリは、カメラを通した実際の風景に避難場所までの距離と方角を表示して誘導する機能を持っています。

 

防災ARアプリ「みたチョ」をダウンロードする方法

  1. 下のQRコードから
  2. http://arx.meホームページから
  3. i@arx.meへ空メールを送信する

 QRコード

誘導機能を使用する際の注意点
災害の種類によっては、最寄りの避難場所が最善の避難先でない場合があります。
実際の避難にあたっては、災害の状況をよく確認し、適切な避難場所に避難してください。