地球温暖化防止や夏の電力不足の対策として、力を合わせた節電の取組みが求められています。節電は一人ひとりのちょっとした心がけ次第で思った以上の効果を発揮します。まずは、自分ができる身近な節電から始めましょう。

なお、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

節電メニュー

屋内/リビング

照明
  1. 照明を使う時間を可能なかぎり短くし、人がいない箇所は消灯する。
  2. 白熱電球を電球型蛍光灯やLED電球に交換する。
冷房
  1. 扇風機・うちわを活用する。  
  2. 冷房の設定温度を28℃にする。(体調に合わせてください)  
  3. 冷房時にカーテンやブラインドを閉める。  
  4. 家族が一緒の部屋で過ごす。  
  5. エアコンのフィルターを掃除する。(月2回程度)  
  6. 冷房を使う時間をできるだけ短くする。(就寝前1時間はオフなど)  
  7. 冷房時に部屋のドアやふすまを閉め、冷房範囲を小さくする。
テレビ
  1. テレビを見る時間を少なくする。(つけっぱなしにせず、見る番組を絞るなど)
  2.  テレビ画面の明るさを調整する。
パソコン
  1. ディスプレイの輝度を既定の100%から40%に低減する。
  2.  パソコンの電源プランの設定を変更する。
  3.  スリープ機能(スタンバイ、休止状態)を活用する。
保温
  1. 必要時に沸かすのみで、電気ポットの保温をやめる。
調理
  1. 炊飯ジャーの保温をやめ、残ったごはんは冷蔵庫または冷凍室で保管し電子レンジで温めてたべる。
冷蔵
  1. 冷蔵庫の温度設定を強から中にする。また、保冷カーテンを付ける。
  2.  冷蔵庫は壁から適度に距離を離し、周りや上にものを置かない。
  3.  冷蔵庫内を整理し、開ける時間を短くする。
  4. 熱いものは、冷ましてから冷蔵庫に入れる。

洗濯

乾燥
  1. 衣類乾燥機や乾燥機能を必要以上に使わない。

屋外

遮熱・断熱等
  1. 窓に空気層のある断熱シートを貼る。(もしくは内窓を設置する)
  2. 部屋の外によしず、すだれを設置する。(グリーンカーテンを設置する)
  3. お風呂の残り湯で朝夕に打ち水をする。
  4. エアコンの室外機に日よけをおこなう。

その他

待機電力
  1. 電気機器は使い終わったらプラグを抜くか、電源タップを切り、待機電力を減らす。