子育て世帯の経済的負担を軽減し、安心して子育てできる環境づくりを推進するため、京都府で第3子以降の保育料の無償化が実施されます。木津川市では、所得制限をなくし、第3子以降の保育料を免除する市独自の制度を創設します。

免除要件

次の要件をすべて満たしていることが必要です。所得制限はありません。

  1. 満18歳未満(4月1日現在)の児童が3人以上いる世帯で、保護者が現に扶養していること。
  2. 保護者と児童全員が市内に同一世帯として住民登録があり、かつ居住していること。ただし、単身赴任等特別な事情がある場合は除く。
  3. 木津川市から保育給付に係る支給認定を受けていること。
  4. 満18歳未満の児童のうち、第3子以降の児童が認可保育所等を利用していること。

申請方法

提出書類

第3子以降保育料無償化申請書 及び世帯児童全員の健康保険証

  • 申請書はこども宝課及び各保育園でも配布しています。
  • 健康保険証により扶養の確認をさせていただきます。

提出先

木津川市役所こども宝課(1階3番窓口)

注意事項

  • 保育料に滞納がある場合は、納付誓約書等の提出が必要です。
  • 本制度は、平成27年度に限り4月に遡って適用としますので、既に納付済の保育料については還付の取り扱いとなります。
  • 虚偽の申請があった場合は、免除を取り消します。
  • 要件に該当しなくなった場合は、その事由が発生した日の翌月から対象外となります。