子ども・子育て支援新制度に移行する幼稚園・認定こども園(幼稚園型)の利用に係る書類の提出について 

 子ども・子育てをめぐる様々な課題の解決をめざして、平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が、スタートします。
 子ども・子育て支援新制度に移行する教育・保育施設を利用するには『認定』を受けていただく必要があります。

 『認定』は保護者の申請により、市が次の区分で認定します。

 

 

■認定には3つの区分があります
1号認定(教育標準時間認定)

お子さんが満3歳以上で、幼稚園等での教育を希望される場合

2号認定(満3歳以上・保育認定)

お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合

3号認定(満3歳未満・保育認定)

お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合

 

※幼稚園・認定こども園(幼稚園型)を利用する場合、認定申請・認定書の交付は、園を通じて行います。

 

※子ども・子育て支援新制度に移行しない私立幼稚園については、これまでの手続きと変更はありませんので、『認定』を受けていただく必要はありません。

 

※通園する私立幼稚園の子ども・子育て支援新制度への移行の有無については、通園する私立幼稚園にお問い合わせください。

 

※公立幼稚園については、新制度に移行するため『認定』が必要になります。詳細については、園よりお知らせいたします。