からだの不自由な方で自書できない方は、投票管理者(または期日前投票管理者・不在者投票管理者)に申し出ることで、代理投票ができます。また、目の不自由な方は点字投票ができます。