10月9日(金曜日)
京都府人権教育研究大会

加茂文化センターで開催されました京都府人権教育研究大会に出席しました。

開催市を代表し挨拶を行い、府内の人権教育に取り組まれる皆様を歓迎しました。

10月7日(水曜日)
木津川治水会

木津川治水会から国土交通省の近畿地方整備局に要望活動を行いました。

沿川自治体の首長の皆さんと、木津川流域全体で連携を図りながら、防災に取り組んでまいります。

10月5日(月曜日)
京都府市長会秋季定例会

南丹市で開催されました京都府市長会秋季定例会に出席しました。

府内の各市長が意見を出し合い、国や京都府に対して、共通する課題を解決するための要望を取りまとめました。

10月1日(木曜日)
食育推進会議

農林水産省で開催された全国食育推進会議に出席しました。

地場の特産物や四季を感じることのできる豊かな食生活を実現することにより、全国の農林水産業の発展と子どもたちの健やかな成長につながることと期待を寄せています。

8月25日(火曜日)
国道163号整備促進協議会

国道163号整備促進協議会総会に出席しました。

道路の拡幅やバイパスの建設等、木津川市を東西に貫く国道の整備が進むことで、市民生活の利便性向上と市の活性化につながるものと大きな期待を寄せています。

8月20日(木曜日)
国道163号線復旧工事現場視察

先月の長雨により崖崩れが発生した国道163号線の復旧工事現場の視察に立ち会いました。

現場視察のため来られた西脇京都府知事に、全面開通に向けた早期復旧を要望しました。

猛暑の中、昼夜を問わず現場対応にあたられる作業員の皆さまに感謝いたします。

8月18日(火曜日)
地域連携学習会

近畿建設協会主催の地域連携学習会に出席しました。

リニア中央新幹線に伴う「スーパー・メガリージョン構想」がもたらす社会の変革を見据えた国土の長期展望について、意見交換をさせていただきました。

木津川市を取り巻く環境が急激に変わる時代にあって、これらの構想をまちづくりに活かすため、今から何をしていかなくてはならないかということを改めて見つめなおす機会となりました。

7月29日(水曜日)
ボランティア展

ボランティア展を見学させていただきました。

市内の特産品や暮らしの中の日用品を活用した独創的な作品が多く、作者の皆さまの豊かな発想力が印象的でした。

7月20日(月曜日)
令和2年度木津川治水会

令和2年度木津川治水会総会・意見交換会に出席しました。

全国各地で台風や記録的豪雨が相次ぐ中、木津川が急激に増水した際の対応や沿川自治体の連携について、議論を深めることができました。

7月18日(土曜日)
相楽台万葉サロン

相楽台万葉サロンの会場にお邪魔し、地域の皆さまと一緒に講義を聴講させていただきました。

感染症予防に配慮しながらも、コミュニティー活動を継続される地域の皆さまの姿を非常に心強く感じながら、木津川市とも縁のある万葉集についての講義を楽しく聞かせていただきました。

7月10日(金曜日)
防災シンポジウム

防災シンポジウムに出席し、新型コロナウイルス感染症蔓延下の災害対応について、情報交換を行いました。

木津川市では既に、3密の発生が予想される避難所運営について検討し、資材を購入する等の準備も進めています。

7月6日(月曜日)
ICT等活用意見交換会

異業種の皆様とオンライン会議を行い、今後の地方自治体におけるICT等の活用について、意見交換をさせていただきました。

コロナ禍により社会全体の『リモート化』のニーズも高まり、急速に情報化が進展する社会におきまして、市としましても、ICTやAIの活用推進施策の必要性を改めて認識しました。

6月26日(金曜日)
全国市長会要請活動

全国市長会の副会長として首相官邸を訪問し、菅義偉・内閣官房長官、西村明宏・内閣官房副長官、岡田直樹・内閣官房副長官、杉田和博・内閣官房副長官へ第90回全国市長会議(令和2年6月3日開催)で決定した決議の実現を要請しました。

新型コロナウイルス感染症対策に取り組む全国の都市にとりましても、さらなる国の支援が必要であると考えています。

6月3日(水曜日)
避難所開設運営訓練

相楽小学校において、新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮した避難所開設運営訓練を行いました。

避難所という限られた空間の中で、3密を回避する方法について、確認しました。

 これから台風シーズンを迎えますので、災害対応に万全を期してまいりたいと考えております。

5月11日(月曜日)
KBS京都ーnewsフェイスー

KBS京都のnewsフェイスにオンライン中継で出演しました。

木津川市における新型コロナウイルス感染症に関する取り組みなどについてお話しさせていただきました。

引き続き、様々な機会を通じて情報発信を行ってまいりたいと考えています。

4月9日(木曜日)
窓口コンシェルジュ

今月から、木津川市役所本庁舎1階に窓口コンシェルジュを設置しました。

市役所に来庁された皆さまを、目的の窓口までスムーズにご案内いたします。どうぞお気軽にご利用ください。

4月4日(土曜日)
第21回新型コロナウイルス感染症対策本部会議

木津川市内における初の新型コロナウイルス感染例が報告されたことを受けまして、第21回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を緊急開催しました。市といたしましては、京都府及び山城南保健所などの関係機関と連携しながら、適切な対応に努めてまいります。

どうか市民の皆様におかれましても、手洗い・消毒等の衛生管理や3つの『密』を回避するなど、予防に粘り強く取り組んでいただきたいと思います。

3月15日(日曜日)
木津東バイパス・東中央線開通

木津東バイパス・東中央線の開通に立ち会いました。待望の道路が開通したことで、地域の活性化や交通の利便性向上につながるものと期待しています。

また、この道路整備にご尽力賜りました多くの皆様に深く感謝申し上げます。

3月6日(金曜日)
東京2020オリンピック聖火リレー横断幕

市内に東京2020オリンピック聖火リレーの横断幕を掲げました。

新型コロナウイルス感染症による影響が一日も早く終息し、今大会が、国民そして世界の皆様にとって、素晴らしいイベントとなりますことを願っています。

2月15日(土曜日)
とおのおと

2月29日まで当尾の郷会館で開催されます『とおのおと』にお邪魔しました。会場には、様々なアート作品が展示されており、どれも独創的で非日常的な時空間を楽しむことができました。土休日には地元の食材を使ったランチのお店も出店されています。皆さんもぜひ訪れてみてください。

2月4日(火曜日)
木津川市スマート化宣言

「木津川市スマート化宣言」を発表しました。少子高齢化・人口減少時代にも、AIなどの先進技術を活用し、行政事務を効率化することにより、よりよい市民サービスの提供につなげてまいりたいと考えております。

1月27日(月曜日)
木津水彩画・木津油絵サークル合同選抜大作展

木津水彩画・木津油絵サークル合同選抜大作展で繊細な水彩画と迫力のある油絵を同時に楽しみました。市役所本庁1階住民活動スペースで明日31日まで開催されますので、みなさんもぜひご覧ください。

1月26日(日曜日)
歴史めぐりマラソンin木津川

歴史めぐりマラソンin木津川のスターターを務めました。ランナーの皆さんの爽やかな姿を拝見し、夏のオリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツの機運が高まっていることを実感しました。

1月22日(水曜日)
3月15日木津東バイパス・東中央線同時開通

念願の木津東バイパス・東中央線が3月15日(日曜日)に同時開通することが決まりました。

この道路の開通により城山台地区の利便性向上と、市内交通ルートの選択肢が広がるものと期待しています。

1月19日(日曜日)
兜台第5回とんど焼き

毎年恒例となりました兜台第5回とんど焼きに参加しました。

このような地元行事で、地域の皆様の交流が、地域のつながりを深め、日常また災害時の地域の支えあいにつながるものと考えております。

1月16日(木曜日)
防災倉庫開設式

社会福祉法人三福福祉会のご協力を得て、京都府災害ボランティアセンター様に防災倉庫を開設いただきました。

昨今の全国での災害を考えますと、大変心強く思いますとともに、災害時に活用させていただきたいと考えています。

1月13日(月曜日・祝日)
ものづくりフェア

イオンモール高の原におきまして、劇団4ドル50セントの菅原 麻由佳さんを迎えて、ものづくりフェアを開催いたしました。

市内の高度な技術や地域の歴史や文化、特産物など、木津川市の魅力を身近に感じていただきたいと考えております。

1月12日(日曜日)
令和元年度木津川市成人式

令和元年度木津川市成人式を開催し、新成人を祝福しました。

新成人の皆さんには、それぞれ自分自身の思い描く令和の時代にふさわしい理想の時代を創っていただきたいと思います。

1月12日(日曜日)
令和2年木津川市消防団出初式

城団長を先頭に木津川市消防団による令和2年木津川市消防団出初式が、木津川市中央体育館で行われました。

昨年の台風19号の被害を見ますと、一級河川木津川をはじめ、複数の天井川を有しておりますので、消防団の皆様と連携して災害に備えてまいりたいと考えております。

1月6日(月曜日)
福寿園初摘み会

毎年恒例の福寿園CHA遊学パークで開催されました日本一早い福寿園初摘み会に参加しました。

新茶の味と香りを楽しみ、清々しい気持ちになりました。

1月6日(月曜日)
市職員への年頭訓示

市職員へ、人口減少・少子高齢化社会への対応や台風等による水害対策の強化に取り組み、市民の皆様の負託に応えていきたいと、年頭訓示を行いました。