平成20年1月4日(金曜日) 職員を前に年頭訓辞

職員を前に年頭訓辞

 

課長級以上の職員約80人を前に、2008年新年のあいさつをおこないました。木津川市となり初めての新年を迎え、身が引き締まる思いの中、地方自治体を取り巻く状況や、市民の皆様との「信頼」関係を構築するため、今年は『本気』をテーマとして、職務を遂行していただきたいと考えていること、『市民サービスの原点はあいさつから』を合言葉に、率先して取り組んでいくことについて訓辞をおこないました。

 

平成20年1月4日(金曜日) 1月定例記者会見を開催

1月定例記者会見を開催

定例記者会見は、毎月初旬におこなっています。
学研都市記者クラブ各社が出席される中、部長級以上の職員が出席します。行事予定や、施策の説明をおこない、記者の方々から質問を受ける形で進めています。

平成20年1月6日(日曜日) 木津川市消防団出初式

木津川市消防団出初式

昨年3月に誕生した木津川市消防団により相楽台小学校グラウンドで出初式がおこなわれました。9分団約500人の団員が集合し、行進や放水演習を披露、また表彰状・感謝状の授与がおこなわれました。
団員のみなさんは日ごろの訓練成果を存分に発揮し、きびきびとした動きで消火活動を披露されました。

平成20年1月7日(月曜日) 社会を明るくする運動作文コンテスト

 

社会を明るくする運動作文コンテスト

法務省主唱の「第57回社会を明るくする運動」作文コンテストにおいて、相楽台小学校5年 藤井藍子さんが法務大臣賞を、また、加茂小学校6年 東島可那子さんが京都府教育委員会教育長賞をそれぞれ受賞され報告にきてくれました。おめでとうございます。

平成20年1月11日(金曜日) 京丹後市と友好都市盟約締結式

京丹後市と友好都市盟約締結式

式典には両方の市や京都府から約50人が参加いただき、麻生 京都府副知事立会いのもと、京丹後市の中山市長とともに盟約書に署名し、それぞれの市の旗を交換しました。

 平成20年1月14日(祝・火) 木津川市内3会場で成人式を開催

木津川市内3会場で成人式を開催

今年の成人式は市内で、713人の方々が成人を迎えました。今年は旧3町ごとに3会場で成人式をおこない、528人の方々が参加され新たな門出を祝いました。会場は華やかな着物姿やスーツ姿であふれ、笑顔や歓声につつまれていました。おめでとうございます。

 平成20年1月31日(木曜日) アンパンマンのカーペットが寄贈

 アンパンマンのカーペットが寄贈

昭和56年から始まった大阪ガスさんの企業ボランティア活動「小さな灯」運動の一環として、市内4箇所にある子育て支援センターにアンパンマンのカーペットを寄付していただきました。各センターでの、子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かぶようです。ありがとうございました。

 

平成20年2月8日(金曜日)  同志社大学と環境保全協定を締結

同志社大学と環境保全協定を締結

最先端の研究活動と優良な住環境の保全を両立することを目的として、化学物質の管理、公害防止措置、廃棄物対策などの項目について、同志社大学と環境保全協定を結びました。対象施設は、木津川台に立地する同志社大学 学研都市キャンパス「快風館」です。同館は、特定の研究を継続的に実施することを想定しないで、プロジェクト型の汎用的利用を想定した施設で、隣接する医療機関とも連携して研究が進められます

平成20年2月14日(木曜日) 「特色ある取組みを行っている12の市町」に選出

「特色ある取組みを行っている12の市町」に選出

「特色ある取組みを行っている12の市町」に選出され経済産業省から通知書をいただきました。経済産業省では、企業立地に積極的・先進的な自治体を全国の市町村から募集・選定し、その取組みを「企業立地に頑張る全国20自治体及び特色ある取組みを行っている12の市町」として、事例集にまとめる作業が進められています。今回、木津川市が近畿では唯一「12の市町」の1つに選ばれ、勝野龍平経済産業省地域経済産業審議官からの通知書を受け取りました。関西文化学術研究都市のポテンシャルを最大限活用し、市長自らの熱心なセールスや取り組みにより企業立地を積極的に推進していることが評価されたものです。木津川市では、この選出を弾みに、企業誘致や市内企業のみなさんの成長を支援すべく、さらに企業立地の取組を進めていきます。

平成20年2月23日(土曜日)・ 24日(日曜日)  加茂生涯学習フェスティバル「公民館まつり」が開催

加茂生涯学習フェスティバル

初日は朝から、天候が心配されましたが、開会前から会場は溢れんばかりの人でいっぱいでした。ホールでは南加茂台保育園児のみなさんの太鼓演奏をスタートに2日間にわたり30団体96グループが参加し、また、会場内ではいろいろな団体による展示や、体験コーナーもありました。会場外での、模擬店も大人気で、長い人の列ができていました。

平成20年3月8日(土曜日)・9日(日曜日) 山城町文化フェスティバル

山城町文化フェスティバル

12回の文化フェスティバルが、二日間にわたり盛大に開催されました。山城少年少女合唱団のみなさんの歌声ではじまり、お芝居や踊りなどの舞台発表や、各種サークルの展示発表でおおいに賑わっていました。

平成20年3月14日(金曜日) 山城町定例地区長会

山城町定例地区長会

各地区長様との定例会に出席させていただきました。合併からの一年間お世話になりました。木津川市の礎を築くためのこの一年間、市政全般の推進に対しまして深いご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

平成20年3月16日(日曜日) 木津川市観光協会、観光キャラバンに参加

観光キャラバンに参加

JR天王寺駅中央改札口前で、観光協会・公募隊員・観光とまちづくりネットワークの皆様方と一緒に、竹炭や、コスモスの種入りの観光資料を配布し、行き交う多くの方々に直接木津川市をアピールさせていただきました。

平成20年4月13日(日曜日) 知事と市長と和ぃ和ぃミーティング

知事と市長と和ぃ和ぃミーティング

 

和ぃ和ぃミーティングは、平成14年8月から、府民と知事が自由に語らい、府民の意見を活かすために京都府がおこなっている事業です。今回は木津川市の関西光科学研究所での開催となり、私も知事と共に出席させていただきました。当日は多くの方々が参加くださり、さまざまなご意見を頂きました。

平成20年4月23日(水曜日) 京都府市長会

京都府市長会

 

舞鶴市内で開催の京都府市長会春季定例会に出席しました。本年度の役員や国に提出する要望事項を審議しました。

平成20年4月30日(水曜日) 行財政改革推進委員会から答申

行財政改革推進委員会から答申
 

 

本年度から5年間で市が進める改革の大綱・推進計画について、行財政改革推進委員会(9人 会長:澤井勝奈良女子大名誉教授)から答申いただきました。委員会では平成19年10月から議論をいただき、答申では「共に生き、共に創る協働の社会」「簡素で市民満足度の高い自治体」を基本理念に、5項目を行財政改革の重点改革項目として位置づけています。

木津川市行財政改革大綱並びに推進計画について(答申書

平成20年5月12日(月曜日) 湾漂山トンネル貫通式

湾漂山トンネル貫通式

 

京都府が建設を進めている国道163号の湾漂山トンネルで、貫通式がおこなわれました。急カーブで幅員が狭い井平尾-銭司間で、トンネルと和束川に架かる「菜切橋」を付け替え、2010年度を開通予定に工事が進められています。

 

平成20年5月13日(火曜日) 近畿市長会

 近畿市長会

近畿24県の111市長で構成されている近畿市長会に出席しました。医療保険制度の負担軽減など6項目の本年度要望を議決しました。また、当日は総会特別委員会の委員長を務めさせていただき、議事を進めさせていただきました。
 

平成20年5月13日(火曜日) 木津キッズ府大会2連覇

木津キッズ府大会2連覇

 

京都府小学生春季大会(4月27日山城総合運動公園)で2連覇を達成した「木津キッズ」の選手たちが優勝を報告に来てくれました。8月に静岡県で開催される全国大会に向けての力強い言葉を全員からお聞きしました。今、頑張ったことは将来必ず自分にかえってきます。日ごろの練習の成果を十分に発揮してください。健闘を祈っています。

平成20年6月29日(日曜日) 第1回消防団操法大会

第1回消防団操法大会
 

木津川市としてはじめての消防団操法大会が相楽台小学校グラウンドでおこなわれました。数か月に及ぶ訓練の成果を発揮した要員の方々の気合の入った操法は、消防団の方々の熱意が伝わってきて、非常に頼もしく感じました。
市民の生命と財産を守るための消防団の方々の日頃の努力に感謝する1日でした。

平成20年7月7日(月曜日) 七夕まつり

七夕まつり

例年「七夕まつり」が夏の訪れを告げてくれます。今年も、7月7日の夕方には、市役所前の通りが華やかな笹かざりで彩られ、たくさんの夜店が並び、多くの方に訪れていただきました。この七夕まつりは、天王神社のまつりに合わせて、木津町時代から始まり、今年で17回目を迎えます。例年、笹飾りのコンテストもおこなわれ、今年は相楽台保育園の笹飾りが最優秀賞に輝きました。
 

平成20年8月18日(月曜日) 新しいAETが就任

新しいAETが就任

新しいAET(英語指導助手)としてアンドリュー・セリートさんが就任しました。アンドリューさんはアメリカのロードアイランド州出身で、ボストン大学で日本語・日本文学を学ばれたとのことです。これから山城区域の小中学校で英語を教えていただきます。木津川市には他に2人のAETの方がおられ、児童・生徒たちに英語を教えると共に、国際的な視野を身につけてもらえるよう、努力していただいています。

 平成20年9月1日(月曜日) 市役所新庁舎で業務開始

市役所新庁舎で業務開始

 

市役所の新庁舎が完成し、9月1日に開庁式を行い、本格的に業務を開始しました。合併後、分散していた本庁業務を集結し、新庁舎で業務をおこなっています。

免震構造で災害に強く、トイレの水に地下水を活用するなど環境にも配慮し、ユニバーサルデザインを取り入れた新庁舎です。皆さんもぜひ一度、見学にお越しください。

平成20年9月13日(土曜日)、14日(日曜日)、15日(祝・月) 長寿を共に祝う敬老会

長寿を共に祝う敬老会

加茂文化センターで3日間にわたって開催した敬老会に、1,910人の方々が出席いただき、長寿を共にお祝いしました。市内には、敬老会の対象となられる数え年70歳以上の方が約8,800人おられ、最高齢者は、108歳になられます。これからもっと長生きしていただけるよう住み良いまちづくりを進めて参りたいと思います。
敬老会では、節目を迎えられた方に祝い品が贈呈され、その後、文化協会や中国雑技団の出し物を楽しんでいただきました。

平成20年10月1日(水曜日)・2日(木曜日) 防犯意識を高める街頭啓発活動

防犯意識を高める街頭啓発活動

 

全国的に被害が増加している「振り込め詐欺」や、「自転車盗」などの犯罪被害が減少するように、また、みなさんに防犯意識を今以上に持っていただくため、JR木津駅で街頭啓発を行いました。みなさんも被害にあわれないよう、気をつけてください。

平成20年10月25日(土曜日) 初めてのキッズフェスタ

初めてのキッズフェスタ

いずみホールにおいて、市内の4つの子育て支援センターが主催するキッズフェスタが行われました。会場では、たくさんの子どもたちが、ふれあい動物園で動物と仲良くなったり、ふれあいコンサートが開かれるなど、参加されたみなさんは秋の一日を満喫されていました。

平成20年10月下旬~11月初旬 木津川市の3つのまつり

         

  10月25日、26日加茂まつり     11月2日、3日やましろまつり           11月2日、3日木の津まつり   

10月25日・26日に「加茂まつり」、11月2日・3日に「やましろまつり」・「木の津まつり」が開催されました。どのお祭りも趣向を凝らしたすばらしいものでした。参加されていた各種団体、裏方としてがんばられた実行委員会の皆さん、本当にお疲れ様でした。

          

平成20年11月1日(土曜日)・4日(火曜日) コミュニティバス社会実験を開始

     
        11月1日 加茂地域での出発式                     11月4日 山城地域での出発式

11月から加茂地域と山城地域で、バス路線を再編して運行する社会実験を開始しました。加茂地域では、運行日数・便数の増加と加茂駅での木津方面への列車の乗り継ぎの向上、山城地域では、増便、新たなバス停の設置、木津駅までの延長を行っています。便利になったコミュニティバスを利用いただき、お出かけください。

 平成20年11月5日(水曜日) 旧庁舎の解体が始まりました

旧庁舎の解体が始まりました

9月1日から新庁舎での業務をスタートさせましたが、それに伴って、これまで使用してきた旧庁舎の解体工事が始まりました。手作業での工事は少し前から始まっていたようですが、今は大きな機械で建物を取り壊し始めています。昭和30年に建設され、約50年間、お世話になった建物です。今、新庁舎東側4階の階段あたりから解体現場を見ますと、少し寂しく感じます。来年の夏には整備が完了し、来客用駐車場等として生まれ変わります。周辺住民のみなさん、来庁されるみなさんにはご迷惑・ご不便をおかけしますが、ご理解賜ります。

平成20年11月中旬~下旬 木津川市総合計画中間案住民説明会を開催

木津川市総合計画中間案住民説明会を開催

11月15日・16日・22日・29日の4回、第1次木津川市総合計画中間案の住民説明会を開催させていただきました。総合計画審議会から答申がありました中間案を、みなさんに説明させていただきました。会場でいただきましたご意見は、とりまとめまして、総合計画審議会に諮らせていただきます。たくさんのご意見ありがとうございました。