統計調査とは

「国勢調査」や「経済センサス」等さまざまな調査があり、統計法に基づいて国が実施しています。

統計調査員とは

統計調査の実施にあたり、調査対象(世帯や事業所など)を訪問して、調査票を配布・回収していただく方を統計調査員といいます。
あらかじめ登録調査員として登録していただく必要があります。

従事していただくときは

統計調査実施の際、登録調査員の中から統計調査員を選任し、調査の内容についてお知らせします。調査への従事が可能であれば、調査員として調査業務に従事していただくこととなります。

資格

  • 年齢満20歳以上の方
  • 調査活動に専念でき、説明会・研修会などに参加できる方
  • 税務・警察・選挙に直接関係のない方

業務内容

  • 調査員事務説明会への出席
  • 調査担当区域の世帯または事業所への調査内容の説明
  • 調査票の配布・収集・点検・提出

任命期間

2か月~3か月程度

報酬

調査終了後、国の基準に基づき調査内容や件数に応じて支給されます。
1調査につき、おおむね3~7万円程度です。

申込方法

統計調査員登録申請書に必要事項をご記入の上、総務課へお持ちください。

統計調査員登録申請書.pdf [84KB pdfファイル] 

その他

  • 登録されても、各種統計調査の諸条件により、すぐに統計調査員に任命されるわけではありません。
  • すでに登録されている方は、あらためて申請していただく必要はありません。